• HOME
  • 賛助会員について

一般社団法人お結び 賛助会員規約

第1条 (目的)

この規約は、一般社団法人お結び(以下、「当法人」とします。)定款第2章第5条第2号の規定により設置する賛助会員制度の運営等について必要な事項を定め、もって関係者の本法人に対する協力・理解を高めることにより、本法人の事業活動の推進に資することを目的とします。

第2条(資格)

本法人の主旨に賛同し、本法人の事業の円滑な実施に協力しようとする者を賛助会員(以下、「会員」とします。)とします。

第3条(加入)

賛助会員は、入会申込書に必要事項を記入のうえ、当法人に提出し、本法人代表理事の承諾を得てから1ヶ月以内に年会費を払込むことで、加入するものとします。

第4条(会費)

賛助会費は、次の年会費は次のように定めます。

  1. 個人会員   :1口  3,000円とし、1口以上を負担する。

  2. 個人事業主会員   :1口24,000円とし、1口以上を負担する。

  3. 寺社仏閣会員     :1口30,000円とし、1口以上を負担する。

  4. 法人(非営利団体含む)会員   :1口50,000円とし、1口以上を負担する。

第5条(入会および有効期間)

  1. 会員資格の有効期間の起算日は、当法人が最初の会費入金を確認できた日を入会を承認した日とします。
  2. 会員資格の有効期間は1年とし、毎事業年度ごとに会費を納入することによりさらに1年間ずつ延長されます。
  3. 事業年度の途中で入会する場合、年会費を月割し、入会の翌月から当該事業年度終了までの月数に応じた金額を入会時に納入するものとします。
  4. 第7条の定めにより会員を脱退した場合、または第7条の規定により除名された場合は、既払い分の会費は返還しません。

第6条(脱退)

賛助会員が脱退しようとするときは、あらかじめ本法人に届出るものとします。

 

第7条(除名)

本法人は、次の各号の一に該当する賛助会員を除名することができます。

  1. 本法人の事業を妨げ又は妨げようとした賛助会員
  2. 会費の納入を怠った賛助会員
  3. 故意又は重大な過失により、本法人の信用を失わせるような行為をした賛助会員
  4. 犯罪その他の信用を失う行為をした賛助会員

第8条(その他)

賛助会員について本規約に定めのない事項であって必要な事項は、理事会で決定するものとします。

附則 

  1. この規約は、平成30年4月3日より施行する。